hikarukanzenver

過去に何個か記事をかいたヒカルゲームズのヒカルが実写youtuber(ユーチューバー)として有名になってますので、改めてヒカルのプロフィールをまとめてみようと思います。

ヒカルの気になる金持ち理由から、年齢や職業、仕事(社長)の詳細や月収年収など。

最近の動画でついにヒカルの師匠(井川さん)も登場し、ヒカルの過去の時系列も大凡判明したのでそちらも紹介します。

ヒカルの武勇伝や人物エピソード、名言も大量に集めました。(今後も追加します)

どのサイトよりも詳しく紹介したヒカル完全版プロフィール記事を目指しますので、是非最後までご覧ください。

スポンサーリンク

ヒカル(youtuber)の基本プロフィール!本名や年齢など


※画像はヒカルゲームズ時代

本名:前田圭太(まえだ けいた)
現年齢:25歳
誕生日:1991年5月29日
身長:175cm程度
兄弟:兄(まえす)
出身地:兵庫県姫路市
学歴:神崎高校卒
憧れの人物:島田紳助

金持ちヒカルの職業は社長!youtuberは仕事の一つ

金持ちユーチューバーヒカルの職業は会社の社長です。

営業職を経て18歳の頃から会社を経営しており、今年で6年目になるようです。

youtuberは会社の事業の一つで、他にも何かしらの業務で収益を上げているようです。

ヒカルゲームズメンバーは全員ヒカルの会社に従業員として雇われています。youtube関係以外の業務をこなす一般社員も何名かいるようです。

現在ではNextStageの運営会社VAZの執行役員にも就任しています。

金持ちヒカルの月収や年収は?貯金額は9桁前後

金持ちヒカルの月収はバラつきがあるものの、平均1000万円は切らないそうです。

年収にすると【一億円以上】ということですね。

全財産の貯金額は9桁ギリギリらしいです。1億か9億かで話が大分変わってきますが、年収からして恐らく9億の方ではないかと思います。

最近は収入も安定してきたので、来年から会社に人をもっと雇っていくと話してました。

スポンサーリンク

ヒカル(youtuber)の略歴!金持ちになるまでの過去時系列まとめ

ヒカルの過去の略歴をまとめてみました。

2010年(18歳) 高校卒業。師匠(後述)の会社で営業として働く。その後退社し起業。

2011年(19歳)人材派遣の業務を行う。しかしヤ○ザに約1200万円の負債を押し付けられ借金生活へ。

2012年(20歳)アフィリエイトで最大月収1000万円を稼ぎ成功。借金も完済する。

2013年(21歳~) 金髪起業家ヒカルとしてネットに初登場。ここで本格的に金銭的に成功する?

2014年~2015年(22~24歳) ヒカルゲームズ活動開始。

2016年(24~25歳) ヒカルゲームズ活動休止。ヒカル実写チャンネル活動開始。

ヒカルの過去を掘り下げる!高校卒業から

高校時代は毎日悪い仲間とやんちゃな日々を送っていたというヒカル。

高校卒業したばかりのヒカルは、短い期間ではあるものの一時ニートでした。その理由は気に入った進路がなかったため。

工場に就職するものの、周りの先輩の生気なく働く姿を見て「こうはなりたくない」と常々思っておったようです。

高校時代の知人、りょーまの紹介によって師匠となる会社社長の井川氏と出会います。(井川さんはりょーまの実の兄。=りょーまの本名も井川)

hikarus2

井川氏と対談してヒカルはこの人すげぇな、と思ったそうです。「一回とりあえず付いていって、踏み台にしたろ」という考えで井川氏の経営する会社で働くことを決意

次の日働いていた工場を即日やめ、また次の日には「仕事を教えてください」と朝5時から誰よりも早く井川氏の会社に出社します。

営業時代!素直なのは最初の半年だけ、会社の売上7割を担う金髪営業マンへ

仕事を覚えるペースは早かったヒカル。

井川氏曰く、仕事を覚えるのに必死で半年ほどは素直だったそうです。

しかし仕事を覚えた後はすぐに営業三ヶ月連続トップを飾るなど、他の先輩を目にも留まらぬ勢いで追い越していきました。

実績を挙げだすと、入社時に黒髪に染めさされた髪を再び金髪へ勝手に戻します

服装も18金のネックレスを3連スーツの外に下げ、金銀のゴテゴテした指輪なども左右に多数着用するなど日に日に派手に。

これで営業に回る!と言い出し井川氏はさすがに勘弁せえ、と言ったそうですが既に会社の売上7割(一億のうち7000万)をヒカルが占めていたので強く出れず、とりあえず一ヶ月だけということで渋々了承します。

どうせ売上が落ちるだろうと踏んでいた井川氏の思惑を裏切り、ヒカルは先月の倍の売上を引っさげてきます。

スポンサーリンク

営業を退社!自分で派遣業を開始するも、借金1200万円を背負う

「井川さんのいない状態で稼げないと意味がない」と考えたヒカルは退社を申し出ます。

退社後は自ら会社を立ち上げ、人材派遣業に手を出します。

この時ヒカルはまだ18歳高校卒業→工場退職→営業マンとして華々しい実績をあげた後退職→会社起業と激動の一年を過ごしています。

しかしここでヒカルは一度躓きます

ヤ○ザに約1200万円を非常に理不尽な形で押し付けられます。

知り合いの社長にとある場所に呼び出され向かったら、社長ともう一人、知らない人物がいたのです。

社長は俯いて何も喋りません。代わりに青いスーツに身を包んだその男がヒカルに話しかけます。

「~で、お前の責任だな?」と身に覚えのない失敗を押し付けられますが、その男のオーラに圧倒されたヒカルは「全部僕の責任です。すいませんでした」失敗の責任と負債を引き受けてしまったのです。

それからは取立てなどで震えて眠れなかった日々を過ごしたようです。

明け方に鬼着信を受けてたたき起こされ、「今から出て来い」といわれ外に出てみると男がハンカチとカナヅチを用意していて「払えんならコユビ一本200万やぞ」「警察に言ってもいい。若い奴が捕まるだけ」と脅されたりしたようです。

しかし結果的にヒカルは自力で完済します。ロレックスなど所持品を売却。朝から夕方まで派遣で8000円くらい。深夜は自営業(アフィリエイト)、最初は無収で仕組みを作っていたようです。

このような過去をヒカルは「嵌められた自分が悪い」と振り返っています。

また若くしてこのような修羅場を潜っているのでヒカルは年の割りに雰囲気が大人びているのだろうと自分で分析してました。

こんな経験をしていると並大抵のことなど怖いと感じなくなるようです。

金髪起業家ヒカル時代!本物の金持ちへ

金髪起業家ヒカルはヒカルのネットビジネス時代です。ユーチューブに動画広告を出したヒカルのネット初登場でもあります。

アフィリエイト商材やコンサルで稼いでいました。

ここでヒカルは営業時代、アフィエイト時代以上に成功し、本物の金持ちになります。

チャンネルではビジネス論の他、ヒカルのオールナイトニッポンというトーク企画(当時社会問題だったいじめについて40分以上熱く語るなど)、髪セット動画、カラオケ動画(主にジャンヌダルク)などの動画も配信されていました。

トーク動画は言わずもがな、髪セット動画もカラオケ動画もかなりの高クオリティーで、ヒカルの成功者イメージを更に引き立てていました。

ヒカル(ユーチューバー)の武勇伝・人物エピソード集!&名言語録

ヒカルの武勇伝・人物エピソード

・高校時代は喧嘩強い奴と超仲いいポジション。先輩とも繋がりバックを恐れて誰からも悪く扱われなかった
・中学の頃は悪さばかりしていたため殆どの先生に嫌われていたが、一人だけトークの才能を評価してくれる先生がいた
・成人式の格好があまりにアレすぎたため、上記の褒めてくれた先生に「ヤ○ザになったんか」と第一声言われた
・成人式は指輪だけで何百万、全身合わせると・・・察しの服装だった。髪型はソフトモヒカンで黒のスーツ。ロレックスにネックレス二本。
・イケイケの格好をしてた頃、コンビニのヤンキーも恐れて道を空けていた
・就職した工場で最初洗脳教育で岐阜へ飛ばされる。そこでは殆ど関東人でヒカルだけが関西人で完全アウェーだったが、逆に関西人のヤバさをふかしまくり超人気者になった
・研修では黒髪に染めてこないといけなかったが、規則を読んでなかったため一人だけ金髪でヤバい奴扱い
・研修の関東人は関西に憧れてる人が多かった為、「タイマンは毎日ある。逆にタイマンできなかったら関西では生きていけへん」などの嘘をつきまくり尊敬される
・研修最後の日には皆に握手を求められ、今でもLINEで繋がってる奴もいる
・営業時代は着物の買取をしたことがある。着物の先生に気に入られてタダで全部貰った。
・おばあちゃんに気に入られ家を貰ってくれと本気で懇願された。さすがに断ったが本気出せば家もらえてた。
・うちの娘と会ってくれ、結婚してくれといわれる
・付き合ったら引っ張っていくほうではない
・こんなに電話面白い人は初めてと絶対いわれる
・今まで付き合った人数は20人くらい、ちゃんとしたのは8人

ヒカルの名言集

・俺は文字だけで人の感情を揺さぶれる。文字は人に一番伝えやすい
・文字を使って一日で2500万円稼いだ
・日本で一番影響力のある人になりたい。その足がかりがユーチューブ
・アングラな世界で金を稼いでいても影響力は手に入らない
・自分が紹介した漫画がヒット作になる そういうわがままがしたいだけ
・自己啓発本は読まない。元々分かってることしか書いてない。
・シバターは小物。昔はついつい見てたけど今は全然面白くない
・【ビジネスの成功法則について】X(自分には何ができるのか 得意不得意)+Y(時代が求めているもの、流れ)
・AがあるけどBがないなら Bを持ってる奴を探す
・今の情報社会で稼げない奴は甘え
・18の時ビジネスの世界に入ってから人と殆ど遊ばない。仕事が遊びみたいなもん
・イチローは顔はそんな普通かも知れんけど、背景があるからかっこよくしか見えない。そういう滲み出る人間的なかっこよさが欲しい。